持舟窯ブログ持舟窯より皆様へ

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
そこまで言って委員会、日本で1番有意義な番組 18:00
JUGEMテーマ:日常

そこまで言って委員会に安部総理が生出演、さすがの安定感。常に大人の対応。そして時々お茶目。

全国放送だったら良かったのにね。

日本のマスコミ、メディア、とは名ばかりで何処の国のマスコミかと思ってしまうほどの毎日だったけど

今日は、少しスッキリした。

日本国民と離れすぎじゃない、今のマスコミ、テレビは報道番組は見ません、ネットで本当のことは検索します。

70年談話も、海外では評価されているのに、日本のマスコミ評価しないどころか、中国、韓国と同じように批判

安保法案もネットでは、賛成が反対の5倍くらいあるのに、報道しない。

国会前で反対の国民がの人数も嘘、12万人が3万人ぐらいとか、どっかの政党の支持者、左よりの市民団体ぐらいしか

参加していないのに、マスコミどうしたの? どこの国のマスコミ?



2015年8月17日、仏国際ラジオ放送ラジオ・フランス・アンテルナショナルの記事から

中国の作家らの文章を引用し、中国の寛大さに感謝を示した安部談話を「中国への尊重」と評価。

過去の戦争を反省し、永遠の不戦を誓った日本に比べ、日本による侵略、植民地化をくどくどと訴える中韓は

あまりにも遅れていると指摘する。

このほか、「人類にとって戦争は日常茶飯事で、侵略所と被戦略者の違いは、どちらが勝ったかで判断される」

「領土割譲や賠償、戦勝国による一定期間の占領、戦争裁判が終われば、敗戦国の謝罪や精算も終わりを告げられる」との意見

を紹介し、償いを終えた敗戦国にいつまでも戦争問題を訴え続けることに疑問を呈した。

その上で、日本の首相が替わるたびに中国が謝罪を求めている点を挙げ、同じ敗戦国であるドイツやイタリアでは

見られない事態だと指摘。また「日本人と中国人では謝罪の捉え方が違う」とせつめいし、

「中国人にとっては謝罪は負けや失敗を意味するがゆえに中国人は謝罪問題に対して強い姿勢にでる」との見方を

紹介した。そして最後に「安部談話に盛り込まれた”謝罪”というキーワードは、

表面上は中国の勝ちのように思われがちだが、

国際世論を考えれば本当の勝者は安部首相だ」とまとめた。


これだけ、中韓以外の海外のメディアは評価しているのに、

日本のメディアは、中韓と同じスタンスにたっている。

ふしぎだな〜あ、どおゆうこと、

日本国民は、テレビ、雑誌、での捏造をよーくみましょう。

そして、ネットの世界のニュースを調べてみましょう。

いかに、日本のマスコミ、メディアが偏っているか。










 
| さくら日記 | comments(2) | trackbacks(0) | posted by mochibunegama -
スポンサーサイト 18:00
| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
Comment








こんばんは。
お久しぶりです。
そろそろ休みが取れそうな気配…。
といいつつ、春休みになりそうな予感。
行けそうになったらまた連絡します。
子供達も楽しみにしているようです。

それにしても、真面目なブログ書いちゃって。
まぁ、情報は精査して自分のものにしないとですね。

キト
posted by キト | 2015/09/14 9:46 PM |
お久しぶりです、キトさん。
クラフト展とかに土日行くこともありますので、前もって連絡ください。
どっちかというと、自分の陶芸のことしか考えていなかったんだけど、知らず知らずの内に、変わっていたんだなあって
還暦も過ぎ、棺おけが見えたときに
このまま、変わっていることに
見猿、言わ猿、聞か猿では

これから先の、若い人達の為にも
より良きすばらしい日本を
残していくのが

我々年の多い人達の
責任かなと思っている今日この頃です。

さくら
posted by さくら | 2015/09/15 9:35 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>